2018/01/20
1月18日(木)手づくりコートでSaita!
午前中は、カードゲーム。地図かるたは2回目、インド式算数カードは初回。他にもいくつかのカードを使って楽しく遊びました。
ごはんを食べた後は、午前中動き足りなかったのか、一斉に外へ行ってしまいました。
4人で何か集まって楽しそう。チラッと見ると、1人が足で距離を測っているようです。地面の上には竹が数本置いてあります。(何が始まるのかな?)こんなとき、子どもの世界にスタッフは入りません。(入れません。)
しばらくして、午後の活動にとスタッフたちが子どもたちの所へ行くと、あらら!!立派なバドミントン用コートがあるではありませんか!(ちなみに、ネットはひも、ポールは人間です。)今日はラインもあるし、おまけに子どもたちのレベルは日に日に上がるものですから、スタッフたちは、いよいよ必死です。(フウー)
子どもたちの工夫で今日のバドミントンは最高に白熱した試合になりました。

32-s-1.jpg

2018/01/17
1月16日(火)「3学期スタート」
Saita3学期は、悪天候だったため少し遅れてのスタートです。
久しぶりに会えてうれしかったね。Saitaでは、このような「うれしい」時間を大切にしてあげたいと思っています。
「あけましておめでとうございます。」のことばのあとは、一人ずつ簡単に挨拶です。その後、「日本の都道府県っていくつだっけ?・・・46? 43? 44?」の会話がきっかけになり、地図かるたカードゲームの開始です。「へぇ〜」とか「これかな?」とか言いながら、取っていく。大人もよい勉強になります。
かるたが終わったら、子どもたちは皆体を動かしたくなるのでしょうか、バドミントンの時間です。風が吹く中のバドミントン。苦戦しつつも楽しかったね。
さてさて、これまでのSaitaでは、比較的短い時間の中であっても、今やりたい遊び(学び)という名の体験などを通して、それぞれが必要なことを自然な形で獲得して来たように思います。とりわけ子どもたちは、日々の活動について、自分又は自分たちで計画を立て、“あそび学”に「夢中」になって取り組み、その“あそび学”を<自分のもの>にしてきました。この力がこれから、少しずつ取り入れてゆく「学習」についても、“あそび学”同様、自分で計画を立て取り組めて、その学習を<自分のもの>にできるようになったら、スタッフはとてもうれしく思います。具体的には、これまでの活動に加え教科的な学習や、生活に必要な学習、なかには楽しく学べる体験型の算数学なども含め進めてゆく予定です。親御さん方、是非ご意見お聞かせ下さい。
では、皆様今年もどうぞよろしくお願い致します。

31-s-1.jpg

2018/01/09
1月7日(日)ワークショップ 「折紙で(算)数学」
明けましておめでとうございます。
今年もSaitaでは、「とにかく<好き>なことを追及されておられる、ゲストティーチャーをお招きし、子どもたちと過ごしていただく。」をきかくしています。どうぞよろしくお願い致します。
さて、Saita新年最初のワークショップは、子どもの頃からの算数好きが講じて、現在大学院で数理科学を教えていらっしゃる藤田敏治先生をお招きして、折紙ワークショップです。
図形のお話しも聞きながら3時間折紙を楽しみました。数枚の折紙を組み合わせて手と頭をフルに使いながら「立体」を作りました。色の配置にも気を付けなければいけません。すると、きれいな模様が最後には見えてきて、感動してしまいます。「時間がもっとあれば、もっと複雑で
大きい立体も作れるよ。」と30枚で作られた立体形を見せていただきました。
今回のワークショップでは、図形の奥の深さに触れることが出来て「もっと図形の謎を知りたい。」と思いました。藤田先生、それから娘さんのめぐみさん、今日は本当に楽しい時間をありがとうございました。

30-s-1.jpg

2017/12/20
12月14日(木)ワークショップ「山の素材でリース作り」
Saita今日の午後は、ワークショップ「リース作り」です。むろん素材は、先日に地元スタッフと一緒に山を歩いて見つけた
つる、実、枝葉、その他さまざまな山の素材だけです。
あれやこれやと試行錯誤して作った一つ一つのリースは、みんな個性が光っていて、まさに世界に唯一無二の素敵なリースができました。(みんなどこにかざってるかな?)
いつもお世話になっている地元スタッフさん、子どもたちと一緒に作業して頂き、そして常にあたたかく見守って下さり、本当にありがとうございます。

29-s-1.jpg

2017/12/20
12月14日(木)UNO大会
このごろSaitaでは、子どもたちが来たら自分たちで寒くならないように部屋のセッティングをしています。
それから声をかけるでもなく、自然に集まり子ども同士で、なにやら話し合っている様子です。(大人がしゃべっているから自分たちで勝手にやっているようです。)
さて今日の午前は、UNO大会。紙に表を書き、それぞれトップを狙います。これまでカードゲームをやってきて、UNO(他)カードゲームには、良いことが沢山あるんだなと思いました。緊張をほぐし、自分の感情を表現でき、ときには自分「まるはだか」になれる。(大人は、特になれる機会が無いですね。)
一方では、自分を抑えること、周囲(相手)を見ながらどう自分が動くか考えることなどなど、はかりきれない多くの「社会性」を身につけているように思えます。UNOに限りませんが、様々な場面でのUNO他カードゲーム、おススメです。
  >>午後のワークショップにつづく、、、

28-s-1.jpg

2017/12/14
12月12日(火)ボルダリング
今日は、課外授業でボルダリングに挑戦しました。

27-s-1.jpg

2017/12/12
12月7日(木)ワークショップ<うたと表現>
今日の午後は、レフアサツキさんをゲストティーチャーにお迎えし「自分を表現しよう」をしました。
集まった子どもたちは、「歌が大好き」な子どもから「そんなに」という子どもまで様々。
そんな中サツキさん、ギターを奏でながら、いくつかのワークを投げかけてくれます。
その投げかけに、そのまんま(素のまんま)で返す子どもたち。そんな素のまんまの返しをまた「そのまんま」受け止めるサツキさん。
それは、まるで「正しい答えは無いんだよ。」
そんなことを感じさせてくれる空間であり。サツキさんと一緒に歌を歌ったり、その間のコミュニケーションも不思議なくらいあったかい空間でもありました。
サツキさん今日は本当にありがとうございました。また、来てください。

26-s-1.jpg

2017/12/09
12月7日(木)葉っぱで火炊き料理&<レフアさんワークショップ>
「寒い、寒い。」外は一面黄色い落ち葉の絨毯です。
「よーし、今日は落ち葉で火を焚こう。」「いいねー、それで料理しよう!!」とスムースに全員一致で今日の活動始まりです。
さっそく、山に先日地元スタッフさんに教わった、火炊き用植物(キツネの小判)をとりにLet's go! あっという間にたんまり収集。それに火をつけたら、燃え方がすごくてびっくりしました。
あとはかごに集めた枯葉を次から次にストーブに投入。今日は男子組のおかげで、枯葉だけで火を焚き、あっという間に鍋料理ができあがりました。
お腹いっぱいになったところで、一人が誘います。「バドミントンしよー!」
今日は、午後もあります。 ・・・つづく

25-s-1.jpg25-s-2.jpg

2017/12/09
12月5日(火)「将棋がおもしろい!」
只今Saitaでは「しょうぎ」が流行りつつあります。
大人も隣で一緒に考えるのですが、子どもたちの脳の持久力には勝てません。まあ、それが自然なので仕方ありませんね。
お昼ごはんの頃には、雪が降ってきました。雪を見た子どもたち、一斉に外におわんを持って、テラスで食べ始めました。しばらくすると「シチューが雪で薄くなるー!!」と帰ってきました。
午後は、終業式&クリスマス会をどう過ごすか、みんなで話し合いました。たくさん案が出た分、「却下」も当然出てきます。却下されて落ち込む一人。すかさず仲間たちから、フォローの言葉が掛けられます。そんなこんなしながら無事内容決定!!2学期最終日が楽しみです。
寒かった今日も、最後はみんなでバドミントンで体もホカホカになりました。

24-s-1.jpg

2017/12/08
11月30日(木)
地元スタッフさんとリース作りに使う素材を採りに山を歩き思い思いの材料をGETしました。その間に「火つけの材料になる植物」や「しもやけにつけると良い」植物の事を伝授してもらいつつ。
帰ってから、ひと休みして、机の上でノートを広げて算数パズルや絵を描くなどして、自由に過ごしました。
ごはんを食べたら、Let'sバドミントン。もう完全に試合です。
ひと汗かいた後は、前回ワークショップで作った竹の楽器でリズムあそび。おかげ様で、夢中・熱中・集中の時間いっぱいのSaita今日この頃です。

23-s-1.jpg23-s-2.jpg